あ、小さい声が大声に勝ってる

大声で話す人も良いですが、都合が悪くなると大声で怒鳴る人。

大声で相手に勝とうとしてるのですが、
イヤなものです。

こうゆう人はあまり好かれないです。

反対の人が小声で話す人。
一見ひ弱そうですが、中には違う人もいますよね。

有名な方の講演会に行ったのですが、

その先生は小声なんです。

会場はシーンと静まり皆が一言も聞き逃さないようでした。
心に入ってくるのです。

小声は人の心に入り込む不思議なパワーを感じました。

感動しました!

大事なことを話すとき自然に小声になりませんか!
この人の心に入り込むを、
コピーライティングでも生かしたらと思うのですが!

大事なことを話すときは、自然と小声ななりますよね!

ヒソヒソ・・ヒソヒソ・・ヒソヒソ・・・・・・

h28106pm5rb
チラシを見ても声高のコピーが多いです。

激安に挑戦!

極限までコストを切り詰めたゴク安セール!
強い主張の直球ストライクの、売り込み満々です。

直球ストライクの打てるもんなら打ってみろ!
あっ、チョット違うかな。

 

本日リニュアルオープン、激安セール!
のような告知には良いでしょうがね。

心に入り込む小声のコピーライティングは、
目に視覚的に飛び込むのではなく、
車のCMなどひと昔だとスピード性能・出足の加速を前面に出して、

さあ~買いませんか!
ところが最近だと、この車に乗ると、
例えば、同乗者の家族とユッタリした時間と空間が持てます風みたいに、

人が持ってる願望に静かに訴える、それも小声で。
うまく話せませんが・・・

心の声がふっと出てきたような

決して大声が良くないのでは無く

小声コピーライティングと大声コピーライティングを使い分ければ良いと思います。

 

もっと、心に響くコピーライティングをお伝えしますね!

▼ ▼ 小声の教材 ▼ ▼


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

読んだら応援お願いします!
ぽちっと!ネ きっだよ

人気ブログランキングへ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料アフィリエイト講座

スポンサードリンク




▲トップへ戻る